2015/5/5、コミティア112@東京ビッグサイト、お疲れ様でした。
Hybrid Libraryのスペースにお越し頂いた方々、ありがとうございました!
IMG_1287
電子書籍レーベルHybrid Libraryを起こしてから初めてのイベント参加ということで、期待半分怖さ半分、いろいろな気持ちで臨んだコミティアでした。そして……電子書籍について、思っていたよりずっと厳しい現実を知ることができました。

●電子書籍って、まだ全然認知されていない?
スペースに来られた方には、知人・知らない方問わず、いろいろな人に電子書籍について話しました。結果、
「タブレットは持ってるけど、電子書籍って使ったことがない」
「電子書籍ってどういうものです?」
「KindleとかKoboとか、なんかいろいろあってよくわからない。端末も、Kindleを買うべきなのか、iPadがいいのか、よくわからない」
このような声ばかりを聞きました。
「はい、日常的にKindle読んでます、いいですよね!」みたいな人が、なんと一人もいませんでした
今回、HLの電子書籍を端末の画面で見せて頂くと、新刊がタダになったりグッズが割引になったりという方式をとっていたのですが、なんと利用者はゼロでした。
こちらから「今ここでスマホで300円の電子書籍を買うと、タペストリーが500円安くなりますよ?既刊は半額になりますよ?」と持ちかけても、「いや、よくわからないので」「アカウント持ってなくて」「紙の本の方が好きなんです」という方ばかりでした。
コミティアという空間が、紙のアイテム好きな方に特化した場所だったのかも知れませんが。まだまだ知らない人ばかりなのだなあ……と痛感しました。

これを書いている弥生肇当人も、紙の本大好きです。部屋には山のように本が積まれています。
ですが、それだと保管には限界があるし、コミックのようなあまり上質でない紙の本は経年劣化を避けられません。その点、電子書籍はデータが消失しない限り、スペースをとらずに何万冊でも持つことができます。(電子書籍の管理側がデータの権限を消したりという暴挙に出たらどうなるかわかりませんが、そんなことしたらたちゆかないでしょう)
だから、大判でみたい画集とか本当に持っておきたい本は紙で買って、それ以外は電子書籍って感じになっています。

とにかくも、せっかく便利なメディアなのに……。HLとしては、もっと良さを伝えていきたいなと思いました。

とりあえずよくわからない方は、AmazonのKindleが一番わかりやすいのではないでしょうか。各種スマホやタブレットで「Kindle」とアプリ検索すれば、無料でDLできます。パソコンでも「Kindle for PC」をDLすれば読めます。
電子書籍は、Amazonサイト内に「本->Kindle」があるはずです。そこにある本は全部Kindleです。「無料本」が、うん万冊もあります。いろんな有名漫画の1巻とか、よく無料になってます。

あとは個人的に、KADOKAWAがやっているBOOK WALKERをよく使います。ラノベとか、特にカドカワ系の本は品揃えがすごいです。昔はKindleよりこっちのほうがラノベ系多かったんですが、最近はラインナップに差がほとんどないですね。
BWは、Book Walkerインディーズという、個人出版も最近受付始めたので、ますますKindleやKoboとのシェア奪い合い、ユーザーとしては、どれがいいのかの比較検討が必要でしょうね。

楽天のKoboは、すみません、私自身がまだ使っていないので、書けません。


と、つらつら書いてしまいましたが。
スマホやタブレットを持ってて電子書籍未体験の方は、触ってみることをおすすめします。便利ですよ。

Ads by でんでんアドネット