その1からだいぶ間が空いてしまいましたが、小説その2をUpしました。

「コミティアを訪れる」

私(弥生肇)自身は二次創作から同人の界隈へ入っていったのですが、
オリジナルのジャンルに本格的に触れたのは、コミティアへ参加したのが初めてだったと思います。
そのときの気持ちを思い出したり、持ち込みしたときの気持ちとかを思い出しながら書いてみました。

「コミティアに興味あるけど、よくわかんないな~」みたいな人にこそ、読んでみてもらいたい掌編です。

Ads by でんでんアドネット