Hybrid Libraryから久し振りの新刊「モリメメちゃんメメントモリ」を12/29に刊行しました。
「死にたい」と日々考えてしまう現代人にお届けしたい、哲学系ラブコメディです。

いつも不穏な言葉を口にするネガティブ女子の杜芽々(モリメメ)ちゃんと、”エポケー男子”と呼ばれている哲学科男子の宮沢哲夫。
二人の会話は木訥としていて、でもいつの間にか砂糖を口の中に詰め込まれているかのような感覚に陥ります。

著者は仮名堂アレさん。「コピーフェイスとカウンターガール」で第2回小学館ライトノベル大賞佳作を受賞し、ガガガ文庫よりデビューした方です。
表紙イラストはにもしさん。ゲームや書籍、TCGなどで幅広く活躍されているイラストレーターです。

Amazon Kindle(電子書籍)で刊行しています。
ご購入いただいたら270円ですが、月980円の読み放題サービス(Kindle Unlimited)加入者は無料で読めます。

 

Ads by でんでんアドネット