2015年4月創刊! 同人発の電子書籍レーベル「Hybrid Library」公式サイトです。

「モリメメちゃんメメントモリ」

著:仮名堂アレ/絵:にもし 2017年12月刊
ジャンル:ライトノベル、哲学

世界に適合できているという実感がありますか?
上手く生きている実感がなくて、死にたいと感じていませんか?

いつも不穏な言葉を口にするネガティブ女子の杜芽々(モリメメ)ちゃんと、”エポケー男子”と呼ばれている哲学科男子の宮沢哲夫。
二人の木訥とした会話が紡ぎ出す、哲学系ラブコメディ。


【購入はこちら】


【著者・イラストレーター紹介】

仮名堂アレ
岩手県在住の小説家。「コピーフェイスとカウンターガール」で第2回小学館ライトノベル大賞佳作を受賞し、同作にてガガガ文庫よりデビュー。その他著作に「消失進行形パズライズ」(ノベライドル)、「並木春子のファースト万年筆」(同人誌・電子書籍)などがある。

にもし
透明感のある色づかいが印象的なイラストレーター。ゲームや書籍、TCGで多くのイラストを手掛けている。コミックマーケットやコミティアなどにも精力的に参加し、作品を発表している。


【はことレティが「モリメメちゃんメメントモリ」を語る】

レティ「宮沢くんの飄々とした感じがツボったね! 人間、こんな風に生きたいよね!」
はこ 「レティはもうすでに、飄々と生きてると思うよ? 飄々っていうか、マイペース?」
レティ「そうだね、マイペースに生きるのは大事だし!」
はこ 「でも、マイペースに生きるのって難しいんだよね。周りの人がどうしてるかとか、世間で自分がどう見られるのかとか、いろいろ考えちゃうもん」
レティ「はこちんは、いろんなことをめっちゃ気にしながら生きてるよね。小説もこっそり書いてるし」
はこ 「人がこっそりやってることをここでオープンにする!?」
レティ「いいじゃん、あちこちでオープンにされてるし」
はこ 「……こほん。とりあえず、ここは『モリメメ』について語る場所だよ?」
レティ「そうだった! どうよ、はこちん。死にたい?」
はこ 「いきなりだね。私は……死にたいって思ったことは確かに何度かあるけど。最近はあんまり思わないかな」
レティ「それはどうして?」
はこ 「うーんと、ね。レティのいる毎日が、楽しいから……かな」
レティ「うっわー、うっわー! わたし、どう反応すればいいのかな!? 恥ずかしくてヤバイ!」
はこ 「……うん、私も言ってから、やばい。熱い」
レティ「ねえ、ゆでだこはこちん、何の話をしてたっけ?」
はこ 「『モリメメ』の話だけど……なんとなく、婉曲的に紹介できたっぽい?」
レティ「そうかもね。クソ真面目な哲学話が続くかと思ったら突然砂糖吐き出すような展開が待ってたりするから、読者の皆さんは糖分濃度管理に注意! 以上!」
はこ 「強引にまとめた……のかな。というわけで皆さん。よろしくお願いしますね」

作品販売ページへ

HL公式Twitter

HL主宰の個人ウェブサイト

Will be Here…

おすすめ同人ゲームサイト773

「でんでんコンバーター」で電子書籍を作ろう!

Kindleの話題書、セール情報なら「きんどう」!

  • facebook
PAGETOP
Copyright © Hybrid Library All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.